HOME > 被害にあわれた方へ 心とからだの状態

心とからだの状態

犯罪や事故の被害にあわれると、被害者やそのご家族・ご遺族の方は、心身に次のような変化を感じられることがあります。
そのような感じや状態は普通に経験するもので、決して特別なことではありません。心や身体の強さ・弱さなどには関係なく、強い衝撃を受けたときには誰でも同じようなことが起こりえます。

身体の状態

  • 眠れない。悪い夢を見る。うなされる。
  • 食欲が無い。吐き気がする。胃が痛む。
  • とても疲れやすい。息が苦しくなる。肩がこる、痛む。

心の状態

  • 恐怖感がとれない。常に緊張、不安感がある。
  • 気持ちが不安定、抑えられない。イライラしたり怒ったりする。
  • 何の感情もわかない、無関心。何をする気も起らない。
  • 集中力できない。記憶力がなくなる。
  • 自分が悪かったのではと、自分を責めてしまう。
  • 突然、事件・事故がよみがえる。

生活への影響

  • 怖くてひとりでいられない。
  • 外出できない。仕事や学校へ行きたくない。
  • 人づきあいが嫌になる。誰とも会いたくない。
  • 食事を作る、子供の世話など、身の回りのことが手に着かない。

 

支援センターへ、一度お電話をしてみませんか?

相談は無料、秘密は厳守します。

電話相談・面接相談・その他の支援

お電話 099-226-8341(やさしい)

祝日除く・火〜土10〜16時
月曜祝日のとき翌火曜は休日

メール →相談専用メールフォーム(SSL)

当センターの休日にかかる場合など、何らかの事情により、返信に数日かかることがありますのでご了承ください。お急ぎの場合は、お電話での相談をご利用ください。

面接(要予約) →詳しくはこちら

警察署や裁判所、病院等への付き添いなどの「直接支援」 →詳しくはこちら

専門家による法律相談・心理カウンセリング(要予約) →詳しくはこちら

警察署や裁判所などの対応にも、お困りではありませんか?
直接支援や専門家によるご相談の希望についても、こちらへご連絡ください。

相談専用電話 099-226-8341(やさしい)

祝日除く・火〜土10〜16時/月曜祝日のとき翌火曜は休日