HOME > ご家族・ご友人の方へ 被害者を支えるために

被害者を支えるために

あなたの大切な方が事件や事故の被害にあわれて、今ご自身はどんなお気持ちを抱えていらっしゃるでしょうか。
被害にあわれた方を支えるために、またご自身のためにも、ぜひ当センターをご利用ください。

被害にあわれた方の心とからだの状態 →詳しくはこちら

常に緊張、不安感/無気力・無関心、落ち込んでいる/気持ちが不安定、感情の起伏が激しい/眠れない、食欲が無い、外出できない

これらは決して特別なことではありません。また、そのご家族・ご遺族の方に同じような変化が起こることもあります。

身近な方が、これが当たり前の状態と知っていてくださること、その状態を受け容れてもらえることは、被害にあわれた方にとって大きな助けとなります。

被害にあわれた方が回復するとき →詳しくはこちら

「回復の兆しが見えない」「状態が良くなったり悪くなったりする」 など、事件や事故を乗り越えることはできないと思えることもあるかもしれません。

あなたが、被害にあわれた方を大切に思い、支えになりたいという思いは必ず伝わります。もし、あなた自身が追いつめられるような気持ちになられたら、当センターへご相談ください。

寄り添って ゆっくりと見守って

回復には、想像以上にたくさんの時間が必要かもしれません。ゆっくり見守っていきましょう。
向き合う時に、次のようなことに心を配ることが、手がかりとなるかもしれません。

  • 気持ち・感情を表現しやすい雰囲気をつくる
  • 話にしっかり耳を傾ける、同じ話でも気持ちを込めて聴く
  • 何を必要としているか、何を言おうとしているか感じるように努める
  • 親しい人や社会へできるだけ関わりを持てるように気を配る
  • 無理をさせない、支える側は辛抱強く待つ(相手のペースを大切に)
  • 小さなことでも回復への兆しを感じたら、それを本人に伝えてみる

 

支援センターへ、一度お電話をしてみませんか?

相談は無料、秘密は厳守します。

電話相談・面接相談・その他の支援

お電話 099-226-8341(やさしい)

祝日除く・火〜土10〜16時
月曜祝日のとき翌火曜は休日

メール →相談専用メールフォーム(SSL)

当センターの休日にかかる場合など、何らかの事情により、返信に数日かかることがありますのでご了承ください。お急ぎの場合は、お電話での相談をご利用ください。

面接(要予約) →詳しくはこちら

警察署や裁判所、病院等への付き添いなどの「直接支援」 →詳しくはこちら

専門家による法律相談・心理カウンセリング(要予約) →詳しくはこちら